入社3年目で、これまで特に会社内での人間関係に悩むことはありませんでしたが、ここ数か月、同僚や上司との関係がうまくいかず、社内で孤立してしまっていました。
孤立している原因に思い当たることはありません。
この状況を改善することも、転職することも勇気が出ず、毎日辛い日々を過ごしていました。
どうにかして、この状態を改善しようと、カウンセリングを受けることを決めました。

Dさま(30代・会社員)

どんな悩みを抱えていましたか?

入社3年目で、同僚や上司との関係がうまくいかなくなりました。
数か月前、挨拶をしても返してもらえないことが何度かあり、最初は「たまたまかな?」と思っていましたが、だんだんと露骨に避けられるようになってきました。
会話に入ろうとしても避けられたり、会話をしてもすべてを否定されたり、私の悪口を聞こえるように大声で言ったり、日常会話も出来なくなりました。
同じ部署の数人からこのような嫌がらせをしてきますが、少人数の会社のため、異動もできません。
転職という選択肢もあるとは思いながら、転職先で同じような嫌がらせを受けないかが不安で、転職する勇気も出ませんでした。

カウンセリングを受けてどんな変化がありましたか?

カウンセリングでうまく話せるかどうか不安でした。何を伝えたらいいのかわからず、無言になることも多々ありましたが、谷さんがうまく話しを聞き出してくれて、なんとか言いたいことを伝えることができました。
カウンセリングを受けて感じたことは、どうして転職することも不安なのか、これからどうしたらいいのか、ということに目を向けて話をしてくれることで、見えない不安が自分の中で大きく膨らんでいることに気づくことができました。
今の社内いじめへの対処法、今後の人間関係で困らないための対処法を知ることで、 転職する勇気をもらうことができました。

担当カウンセラー谷茉城からのコメント

D様とカウンセリングを進めていく中で、社内いじめで受けた心の傷の深さを知りました。
また、どうして転職の決断ができないのか、どのような心の葛藤があるのか、カウンセリングを進めるにつれ不安の正体が分かり、表情や声のトーンも上がってきました。
まず、「不安の正体を知る」ことからスタートしました。
目標を一緒に決め、それに向かって、真剣に取り組んでいただいた結果、D様にとって新たな人生がスタートできたこと、本当にうれしく思います。